Predictive Analytics

データを実用的なインサイトに変換し、保険ライフサイクル全体を通じてデータ主導の意思決定を可能にするプラットフォーム

Guidewire Predictive Analyticsは、損害保険会社様がデータと分析中心の組織へと進化する過程において、全社規模での適応をサポートして成功に導きます。複数のデータセットからの予測モデル構築、モデル分析および検証によって、意思決定者には実用的なガイダンスが提供されるため、損害率とコストを大幅に削減し、収益を増加することができます。

Predictive Analytics のメリット

データ主導の意思決定

Predictive Analyticsでは、保険ライフサイクル全体でデータ主導の意思決定が行えます。

  • 見積と更改の段階における今後の収益を予測し、引受担当者のスキルと経験を強化します。
  • 損害サービス業務担当部署は最も適切な担当者に事案を割り当てることができ、担当者は損害サービス業務管理のリソースをより正確に使えます。
  • 実績の優れた代理店を特定し、新規の有望な代理店をその情報に基づいて採用および指名できます。

コスト削減

予測モデルを使用すると、以下によりコストを削減できます。

  • 結果の予測における第三者のデータ価値を特定し、自動車車両報告書、財物調査、クレジット報告書など、より的確なデータを使用できます。
  • 再裁定を抑え、より正確に損害サービス業務を行うことにより、損害調査費を削減できます。

収益増加

Predictive Analyticsでは、以下により収益の増加と成長を促進します。

  • 料率の詳細な設定。
  • 不正確な価格設定の特定と修正。
  • 新しい市場機会の特定と市場の変化への迅速な対応。

Predictive Analytics アプリケーション

  • Predictive Analytics for Claims

    高額・長期事案の可能性判断、対応事案の優先度と適切な担当者の割り当て、訴訟や保険代位の可能性がある事案といった、クレーム特有の問題予測に特化。

  • Predictive Analytics for Profitability

    料料率改定、引受のリスク選択及びコスト削減、顧客の生涯価値、補償ポートフォリオの最適化、などの予測に特化。

業界の評価