DataHub

複数のシステムに点在するデータを統合

保険データモデルによるデータの統合と連携

Guidewire DataHub™は保険会社様のシステムと外部のシステムの一貫性のないデータを統合して、標準化および保存することができる保険のデータストアです。社内外のデータが均質化され、共通のコンテキストが適用される詳細なトランザクションリポジトリによって情報を統一することができます。そのため、レガシーシステムの入れ替えを加速し、データの利用者と作成者の両方のニーズに対応できるステージングプラットフォームが提供されます。

DataHubのメリット

レガシーシステムの撤廃

保険データの多くは、作成したアプリケーションより長く使用されます。DataHubではデータを維持および移植して単一の情報ソースを作成できるため、基幹システムの移行が加速され、レガシーシステムを撤廃できます。

将来の技術に対応したデータアーキテクチャ

ビジネスデータとITデータは時間の経過とともに進化させる必要があります。しかし、データは孤立したり競合することも少なくありません。DataHubではシステムのポイント・ツー・ポイントの連携は必要ありません。そのため、コスト削減、データに関連した障害のリスク緩和、効率的なシステム入れ替えまたは新規システムの追加が可能になるため、変化にもすばやく対応できます。

データの品質、完全性、一貫性の向上

レガシーのソースシステムのデータの多くは整合性に欠け、不完全で一貫性がありません。また、レガシーのアプリケーションは時間の経過とともに増加し、種目や業務によって制限されることもあります。DataHubでは実績ある手法とツールを使用してデータを収集、分析、テストおよび検証して、データの整合性を確保できます。そのため、ユーザーに信頼性に優れたデータを提供できます。